〒558-0033 大阪市住吉区清水丘1-25-12

トップページドクター紹介当院のご案内ご予約はこちら駐車場のご案内お知らせ

消化器内視鏡検査

  • 内科 診療案内
  • 検査案内
  • 消化器内視鏡検査
  • 問診表はこちら
  • 小児科 診療案内
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • 問診票はこちら
モバイル
VPDラブベビ
大阪府医療機関情報システム
矢印大阪府医療機関情報システムHPはこちら
トップページ»  消化器内視鏡検査

内視鏡専門医(日本内視鏡学会)が行います。

 

経鼻胃内視鏡検査とは

経口胃内視鏡と経鼻胃内視鏡

細くて軟らかい内視鏡を鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を調べる検査です。

  • 口から入れる内視鏡と違い、吐き気をほとんど感じません。
  • 鼻腔に液状ゲルによる麻酔を行いますので、鼻を通るときの痛みもほとんどありません。
経鼻胃内視鏡の受容性
 

鼻からの胃カメラは、口からの胃カメラだけでなく胃透視(バリウム検査)よりも受容性の高い検査です。
検診センターでも胃透視から経鼻内視鏡を胃検診に用いている施設が増えています。

矢印経鼻内視鏡検査・予約票はこちら
 

経鼻胃内視鏡検査でわかる病気

食道 逆流性食道炎、食道がん、食道静脈瘤など
胃潰瘍、胃がん、胃ポリープなど
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープなど

検査前の注意点

葉イメージ

検査前日

  • 午後10時以降、固形物は食べないで下さい。
  • 水分やお薬は構いません。

検査当日

  • 朝食はとらないで、お薬も服用しないで下さい。
  • 午前7時までは透明な水やスポーツ飲料などは飲んで頂いて結構です。
    (牛乳・コーヒー・お茶など色の付いたものは飲まないで下さい。)

検査当日のながれ

受付・問診 来院時、受付に「経鼻内視鏡検査・予約票」をお出し下さい。
   
前処置 1.消泡剤を飲みます。
  胃の中をきれいにします。
       ▼
2.鼻鏡で左右の選択をします。
  個人の鼻腔の大きさには左右差があります。 麻酔の過剰投与を避けるため、
  鼻鏡で内視鏡を挿入する鼻の左右を選択をします。
       ▼
3.鼻腔に血管収縮剤をスプレーします。
 鼻の粘膜の血管・粘膜を収縮させ、鼻腔を広げます。
       ▼
4.鼻腔の麻酔を行います。
  液状ゲルを鼻にいれますので痛くありません。
       ▼
内視鏡挿入 5.鼻から内視鏡を挿入し、十分に観察します。
 検査は5~10分程度です。
       ▼
検査後 6.検査結果や治療についての話を聞きます。
 すぐに帰宅できます。

注意事項

麻酔薬にアレルギーのある方、血液をサラサラにする抗血小板薬・抗凝固薬などを服用されている方は、予約時にお申し出下さい。
ほとんどの方には非常に楽な胃の検査ですが、ごく稀に鼻腔が狭く挿入困難な場合があります(特に若い女性)。
その時、内視鏡専門医の判断で、喉の麻酔が切れる前に口からの胃カメラに切り替えます。(ファイバーが細く軟らかいので、従来の経口胃カメラよりはるかに楽に検査を受けられます。)

ピロリ菌について

ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリという菌で人の胃粘膜に生息します。
若い方の感染は10~20%と少ないですが、40才以上では30~50%の方が感染しています。特に高齢者の感染率が高く、60才以上では80%の方が感染しています。(小児期に経口感染し持続感染します。高齢者に感染率が高いのは、その方々の小児期の衛生環境が悪かったことによると考えられています。)


正常の胃粘膜と萎縮性胃炎の粘膜
  • ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰の発症に大きく関与します
    胃潰瘍の70%以上、十二指腸潰瘍の90%以上がピロリ菌によると考えられています。
  • 長年の感染で萎縮性胃炎を生じて胃がんを発症することもあります。
    日本を含めた東アジアのピロリ菌株は病原性が強いと考えられています。

このような背景からピロリ菌感染者に対する内服薬による除菌療法が、①胃・十二指腸潰瘍、②胃カメラで萎縮性胃炎と診断された方に保険適用となっています。
(胃の検査を胃カメラで受け、同時に採血でピロリ菌の検査を受けると良いでしょう。)

医療関係の皆さまへ

当院では経鼻胃内視鏡検査を行われていない医療機関からの依頼を受け、検査のみを行っています。

  • 電話などで予約していただければ、患者さんは当日に紹介状を持参し、直接来院していただければ結構です。
  • 検査結果は、貴院の患者さんに診療情報を手渡して御報告します。(緊急性のある場合はお電話させていただきます。)
  • 「経鼻内視鏡検査・予約票」をダウンロードし、検査前日・当日の食事制限などについて患者さんにご説明下さい。
    (ダウンロードできない場合は当院受付にご連絡下さい。FAX送信します。)
    矢印経鼻内視鏡検査・予約票はこちら
  • 「経鼻内視鏡検査・予約票」の「外部依頼の先生へ」の欄に記入をお願いします。
    (当院では検査での生検が必要な場合には、現時点では検査前の休薬が必要と考えています。)
 

*抗血小板薬・抗凝固薬の服用の有無と具体名をご記入下さい。
*抗血小板薬・抗凝固薬の休薬の有無と休薬期間をご記入下さい。
・休薬期間は薬の種類で異なります。製薬会社にお問い合わせ下さい。

抗血小板薬・抗凝固薬の当院での休薬期間の目安

抗血小板薬;バイアスピリンは3日前、パナルジンは5日前、プレタールは2日前、プラビックスは5日前から
抗凝固薬 ;ワーファリンは3日前、プラザキサ・イグザレルトは24時間前からです。

  • 血栓・塞栓症をおこしやすい患者さんの無理な休薬はしないで下さい。
  • 抗血小板薬・抗凝固薬を休薬できない場合は、内視鏡的・肉眼診断をご報告します。

当院では更に苦痛の無いように工夫を行っています。

挿入ルート

個人それぞれの鼻腔の形から挿入ルートを選択します。
ごく稀に鼻腔が狭く挿入困難な場合があります。無理をせずに、内視鏡専門医の判断で、経口内視鏡に切り替えます。
(ファイバーが細く軟らかいので、従来の経口胃カメラよりはるかに楽に検査を受けられますのでご安心下さい。)

*被検者の鼻腔の形から挿入ルートを決めますが、基本の挿入ルートは、痛みの少ない下鼻道ルートを第一選択としています。

大腸内視鏡検査(鎮静下)

  • 苦痛なく気軽に受けていただくよう、鎮静剤を使用した大腸内視鏡検査が受けられます。
  • 便潜血陽性の方、血便の方などを対象とし、大腸炎・大腸ポリープ・大腸がんなどの検索をおこないます。 内視鏡(ファイバースコープ)を肛門から挿入し、大腸を直接観察する検査です。
  • 大腸ポリープがあり、切除可能であれば、その場で内視鏡的切除(ポリペクトミー)をおこないます。 (前処置としての下剤の説明やポリープがあった場合の説明が必要ですので、一度当院を受診するようにして下さい。)
 

※予約制です。予約枠がうまっている場合は、専門医療機関と連携させて頂きます。